理事長ご挨拶

HOME > 理事長ご挨拶

 この度2015年8月24日付で川上浩司先生(京都大学教授)の後任として、理事長に就任いたしました。
 2010年までは、大阪大学大学院医学系研究科医療情報学講座教授として医療情報学の教育・研究に従事し、また附属病院医療情報部長として病院情報システムの開発・運用や電子カルテ等に蓄積されたデータを利活用して、病院経営や医療の質向上、臨床研究の推進などを支援してきました。2011年からは、現在わが国初で唯一の医療安全管理学専攻を有する滋慶医療科学大学院大学の学長をしています。これらの経験を参考にしながら、当NPOの理事長の職責を果たしていきたいと思います。

 NPO 臨床研究推進ネットワークジャパンは、臨床試験・臨床研究を支える各種事業を中心に一定の実績を積み重ねてきました。しかし、わが国の医療を取り巻く環境は大きく変化しつつあり、これに対応した新しいビジネスモデルの創造が期待されています。なかでも医療ビッグデータも注目を集めています。国レベルの診療報酬関連のデータベース(DB)、がん登録DB、医薬品副作用DBなどが運用されています。また各医療施設の診療DBなども存在しています。産官学連携のもとに、個人情報保護・セキュリティを担保しながら、これらのデータを利活用し、生活者の安全・安心に還元することを当面の目標としてフレームワークを構築したく存じます。

 これまでの事業の発展と合わせて、当NPOの成長に対して、皆様方のより一層のご支援ご指導をお願い申し上げて、ご挨拶とさせていただきます。

2015年
NPO 臨床研究推進ネットワークジャパン
 理事長 武田 裕

ページの先頭へ戻る