臨床研究推進ネットワークジャパンとは

HOME > 臨床研究推進ネットワークジャパンとは

特定非営利活動法人 臨床研究推進ネットワークジャパンとは

臨床研究推進ネットワークジャパンは、日本および諸外国の医療機関、医療従事者及び医薬品あるいは医療関連サービスを提供する企業・団体と連携し、新しい医薬品・医療機器等を開発するための臨床試験ならびに医療アウトカムを評価するための臨床研究、疫学研究を実施あるいはその支援のための事業を行い、広く日本の医療の強化と向上に寄与することを目的としています。

主な事業内容

  1. 臨床試験の実施に関して、実施医療機関・医師との連携事業
  2. 疾患、薬剤、医療機器、症例数、健康情報等に関するデータの収集、データベース構築ならびに分析、疫学研究事業
  3. 治験や臨床研究にかかる審査委員会の設置および実施事業
  4. 臨床研究推進のための事務局機能の設置事業
  5. 医療関係者ならびに市民への臨床試験等の普及・啓発事業
  6. 医療の質やエビデンスに基づいた医療(EBM)、医療や薬剤の費用対効果、患者アウトカム(Patient-Reported Outcomes)の研究支援事業
  7. 臨床研究の信頼性保証のための調査および研究事業
  8. その他、臨床研究関連事業

臨床研究支援事業フロー図

臨床研究支援事業フロー図

セントラルIRBについて

当NPOの治験審査委員会(倫理審査委員会)は、2008年10月23日の第1回開催より順調に回数を重ねてまいりました。特定の大学閥に偏らない関西・中国地区の各大学から専門委員を選抜、さまざまな視点から密度の濃い審査が行われているのが特徴です。現在、月1回の開催ペースで、平均して10件程度の審査を大阪大学中之島センターで実施。セントラルIRBとしての機能を十分に果たせるようになりました。また、IRB委員への研修会も年に1回以上実施をしており、質の高い審査を維持するための努力も怠らず継続しております。今後も、設置要件に適合した公益性、独立性の高いセントラルIRBとして、多施設で同一の審査が一箇所でできるというメリットを、治験依頼者をはじめとして関係各方面に対し、更にPRしていきたいと考えております。

ページの先頭へ戻る